東京都練馬区で火災!まるとし店主焼身自殺にみせかけた保険金目当て他殺か?

事件

トンカツ店で火事があり店主の若山太郎(わかやまたろう)さんが死亡する事件発生。男性は東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれておりコロナ不況であることと消毒薬が手に入らないことを嘆いていた。遺書は見つかっていないが他に犯人がいる殺人か?場所などを追記していく。

続きます。。

練馬区のとんかつ店「まるとし」で火災発生か

まずは事件の概要をご覧ください。

4月30日夜、東京都練馬区のとんかつ店で火災があり、店主の男性(54)が全身やけどで死亡した。男性は東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれていた。新型コロナウイルスの感染拡大で大会は延期されたうえ、店も営業縮小に追い込まれ、先行きを悲観するような言葉を周囲に漏らしていた。遺体にはとんかつ油を浴びたような形跡があり、警視庁光が丘署は出火の経緯を慎重に調べている。

 30日午後10時ごろ、同区の鉄筋ビル3階建ての1階に入るとんかつ店から出火した。煙に気づいた近所の住民の119番で消防隊員らが駆けつけると、床と壁の一部が焼けており、客席付近で男性が倒れていた。搬送先の病院で、約1時間半後に死亡が確認された。同署は現場の状況から男性が油をかぶった可能性があるとみているが、遺書は見つかっていないという。

毎日新聞

  • 4月30日夜に東京都練馬区のとんかつ店で火災
  • 店主の若山太郎さん(54)が全身火傷で死亡
  • 男性の遺体には、とんかつ油がかかっていた
  • 若山さんは東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれていた
  • 遺書などはみつかっていない
  • ※他殺の可能性はあるのだろうか?

下に続きます。。

若山太郎(わかやまたろう)さんについて

生前、練馬人大図鑑の98回に若山太郎さんが出演していました。2019年7月15日にユーチューブにアップされていたものです。若山太郎さんはとんかつまるとしの三代目オーナーでマラソンと学ぶことが大好きと語っていました。

お店で提供しているとんかつも、かなりのこだわりがあったようで、地元の人と見られるツイッターでも「若山さんはすごく優しくて、とんかつも凄く美味しかった」という感想も多々みられました。

また若山さん自身、非常に努力家の高学歴で大学の学費も全て自分で払ったそうです。実のお兄さんも非常に頭が良かったそうで、店を持つ前も持ってからも非常に、苦労されてきたのではないでしょうか。

事件がある数日前に「また振りだしに戻った…」と元気なく語っていた言葉から今までの苦労が見えてきます。燃え尽きてしまったのでしょうか

名物の「きたまち阿波踊り定食」とは

動画内によると、まるとしの名物は「きたまち阿波踊り定食」(↑写真)で、大きなエビフライととんかつ、クリームコロッケを盛り合わせたもの。きたまちの恒例行事の阿波踊りをイメージしているそう。

真ん中のエビは提灯(ちょうちん)を表していてクリームコロッケは太鼓をイメージ。6切れに切られたロースとんかつは周囲の観客を表現しているそうです。

もう食べられなくなってしまったのは非常に残念です。

 

他殺の可能性は?

↑生前の若山太郎さん

遺書などが見つかっておらず身体に油がかかっているため、焼身自殺の可能性も高いとみられているが他殺の可能性もあるのではないでしょうか?

推測でしかありませんが、身内による保険金目当てでの殺人の可能性も視野にいれておいたほうがよいかもしれません。若山さんには奥さんと娘さんが3人いるとのことです。彼女たちが犯人であるとは思いませんが、親戚による犯行もあるかもしれません。

生前、若山さんは「もうだめだ」と周囲に弱音を吐いていました。

コロナの影響で東京オリンピックがなくなり決まっていた聖火ランナーの夢も叶わなくなってしまった…店の経営もまくいかず「店をやめたい」と漏らしていた。

そのように絶望している男性が亡くなってしまうと、誰もが自殺と思うものです。生前もとても人柄がよさそうにみえますし、身内以外の第三者による犯行の可能性もあるかもしれません。

下に続きます。。

自殺であった場合の動機

また焼身自殺であった場合の若山さんの動機について推測してみます。若山さんには奥さんと3人の娘さんがいます。コロナの影響で店の営業もうまくいかず、消毒薬などが手に入らないこともあって衛生面も営業するための基準を満たしていなかったのでしょう。

店を閉めていても、家賃は払わないといけない。家族も養わないといけない。そんな絶望のなかで唯一家族にできることは自分の命をかけて家族を守るという選択だったのかもしれません。

自分が犠牲になれば家族に保険金が入る。しかしそのようなことを遺書に書いてしまえば、きっと残された家族が苦しむだろう、それならば生きているのが辛いから自分で自殺を選んだんだ。というように見せかけたのかもしれません。

どれだけ苦しい状況のなかでも可愛い娘のことを思わない父親などいません。残された若山さんの家族もとても可哀想におもいます。コロナでの自粛は確実に自殺者を増やしているのです。

「自分が自殺に追い込んでしまった」と奥さんが語る

残された奥さんは「自分のせいで自殺に追い込んでしまったのでは…」と嘆いていらっしゃいます。この状況では、そう思ってしまっても仕方がないことだと思います。身内にこのような不幸が起きた場合、誰でも自分のことを責めてしまうでしょう。

下に続きます。。

事故の可能性は?

自殺や他殺以外の可能性としては、「うっかり油をかぶってしまった」という事故です。生前、若山さんは非常に精神的に落ち込んだ状態にありました。

自粛のためにやることがなく、普段手の届かないところまですみずみまで掃除をしていてうっかり…ということもあるかもしれません。とても思いつめて悩んでいた若山さんは集中力もなくなってしまっていたのではないでしょうか。

下に続きます。。

火災現場の様子

事件現場となった、とんかつ店まるとしは旧川越街道沿いにある。

火災の関連記事:山梨県昇仙峡近くで山火事!動画写真と出火原因は登山家のせいか?

火災の関連記事:宮城県岩沼市空港南で大火事の動画!火災の原因は放火?黒煙を吸った猫や動物は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました