朝日大ホームレス殺人犯の名前がバクサイで特定か?猫も虐待!明らかに殺意はあった

未成年による事件

岐阜県瑞穂市にある朝日大学の硬式野球部員2人が寺田に住んでいるホームレス男性を殺害した。少年らは5人組みだったという。殺人犯である少年のtwitter、facebook、住所や名前、顔写真の情報などを追記していきます。また文星芸大付属野球部でも傷害事件がありました。

下に続きます。。

最終更新日 2020 5月17日

少年5人組がホームレス男性殺害

 

朝日大(岐阜県瑞穂市)は24日、硬式野球部の現役部員2人(ともに19)が傷害致死容疑で逮捕されたことを受けて、部の無期限活動停止と藤田明宏監督(52)の辞任を発表した。

岐阜市の路上で3月、路上生活者(ホームレス)と見られる男性(81)が殺害され、岐阜県警などがこの日、少年5人を逮捕。朝日大は、うち2人が同大に在籍する硬式野球部員だったことを受け、この日付けで部の無期限の活動停止を決定。さらに、存廃についても、「学内処分や裁判等、今後、当該者に科せられる社会的制裁を見極めた上で対応を決定する」と、廃部を含めて検討する方針を示した。

ヤフーニュースより引用

※この事件には逮捕された少年以外にも少女も含まれています。同居していた女性の証言によると「若い男女に襲われた」と述べています。

少年たちは猫も虐待していた

調べによりますとホームレス男性(渡辺哲さん)は猫がケガをしているのを発見し、少年たちが猫に石を投げているのを発見。「そんなひどいことをしないでほしい」と訴えたところ怒り狂ってホームレス男性に投石をはじめました。

男性と同居人の女性は過去4度も警察に相談していました。

動物を殺せる人は人も殺せます。動物愛護団体も黙ってはいないと思います。すぐにでも行動に移しているでしょう。また、被害者男性に投石して、男性が転倒後に蹴り続けてリンチをしたあと、男性が可愛がっていた猫も虐殺したとの情報もあるそうです。

硬式野球部員の顔と名前一覧

犯人5名の少年のうち2名は、チーム内にいます。朝日大学の硬式野球部のホームページで顔写真と名前が記載されています。

顔写真をみるとパっと見は良い子そうに見える子も沢山います。このような事件を起こす犯人は外面がよかったりするものです。外見で判断しないほうがよいでしょう。

今回の事件において育てた両親の顔も見てみたいものですし、記事内にも少年たちの顔画像を載せたいものですが、野球部員の中にも無実の少年もいることですし、非常に悔しいですが写真は掲載するのをやめておきます。

またニュース記事によると逮捕された少年たちの情報は以下のとおりです。

※殺人容疑で逮捕は以下3名

  • 安八町在住の会社員の少年
  • 大垣市在住の無職の少年
  • 瑞穂市の無職の少年
  • このうちの2人が元朝日大学公式野球部員である

※傷害罪で逮捕以下2名

  • 瑞穂市在住の少年
  • 山県市在住の少年
  • ※この二名は現役の朝日大硬式野球部員である。

犯人の名前特定か

ネット情報ですが、犯人の名前だそうです。誤情報の可能性もあるのでイニシャルにして掲載します。また逮捕された5人のうち2人は釈放されており、事件に関与した少女はインスタをやっているとのことです。

 

N,K 岐阜城北高校出身

K,D 大垣商業高校出身

R N,Kの彼女 インスタの女

また地元の住民の証言によると、犯人の自宅ではパトカーが数台とまっていて非常に目立つ状態であるそうです。実名報道をされていなくても住所も特定され犯人の名前も広がりつつあります。

岐阜北警察署は無能か

今回の事件現場は寺田です。被害者男性と同居人の女性は北警察署の寺田付近の交番に相談にいっていた可能性があります。

過去に何度も「バカ、ゴミ」などの暴言と共に投石被害をうけていたホームレス男性(81歳)と、同居人である女性は4回も警察に相談しにいっていました。

少年たちは以前、投石をして現場から逃げる際に学生証を落としており、これが証拠となって学校側に伝えていました。

学校側から叱責を受けた少年らは逆上して被害者男性(渡辺哲さん)を襲いました。

人に石を投げるなんて普通の頭では思いつかないことです。何故、警察はこんなに危険な人間を野放しにしておいて未然に防ぐことができなかったのでしょうか。

逮捕してもよかったはずです。

明らかな殺意

段持ちである空手家や柔道などのスポーツマンは一般人に対して決して技をかけたり本気で喧嘩をしてはいけません。銃刀法違反ではなく傷害罪になりますが、個人的には銃刀法違反と呼ばれてもいいような気がします。

なぜなら格闘家たちは素手でもナイフや武器を持っているのと同じくらいの殺傷能力を持っているからです。これって野球選手や部員にも同じようなことが言えませんか?

毎日豪速球を投げ続けている少年が何度も石を老人に投げつけて殺害しているのです。殺意はなかったと言い切れるでしょうか?また、少年たちは被害者男性が倒れたあとに逃走しているのです!

殺意がなかったのなら、自分たちで救急車を呼ぶなり警察に自首をすると思いませんか?

普通の少年であっても犯罪になりますが、これは明らかに殺意があったということとナイフや武器などを使った犯行と同じように見ていいと思います。少年法で守られていいのでしょうか。

また、この事件には逮捕された5人の少年以外にも関与していた少年(少女)たちがいるそうです。この事件にかかわっている人数は10人とのことです。

犯行当日、少年らは人気のいない朝方に集団で集まり「今日は絶対ゆるさねーぞ!」と叫びながら襲ったそうです。計画的な犯行といえるでしょう。これで殺意がなかったなんてよく言えたものです。

人の痛みがわからない理由

また少年らは被害者男性に対して、ひどい暴言を吐きながら投石していました。人に危害を加える少年らは自分だけが苦しいと思っていますし、理解されないとも思っています。馬鹿やゴミなどと人を傷つけてしまう人間は誰よりも自分をバカ扱い、ゴミ扱いしているともいえます。

自分をゴミ扱いと書きましたが、ゴミ扱いされてきた、ともいえるでしょう。

調べると朝日大は偏差値が低くFラン大学と呼ばれています。本当に好きなことをしたくて行ったのならそれで構いませんが、少年らは世間でも冷たい態度をとられてきたのかもしれません。痛めつけれてきた人間は人を同じような苦しみを与えることがあるからです。

犯人である少年たちの家庭や部活動自体も冷え切っていたのかもしれません。

犯人は中京高校の卒業生か

また、ネットの情報によると犯人の少年のなかに中京高校の卒業生もいるとのことです。

野球部員による不祥事

野球部員による不祥事事件は今回の事件だけでなく数多くあります。

四月上旬、栃木の文星芸大付属野球部で3年生部員が2年生部員の顔を殴り目の上を縫う怪我を負わせた。

自転車競技部もヤバイとの情報

また朝日大学の自転車競技部は交通ルールを守らず歩行者を怪我をさせたことがあるとの情報もあるそうです。交通ルールも守れないのに競技などするべきではないと怒りの声もあります。

名前を公表すべき

朝日大学に通っていた生徒、硬式野球部員のなかにも真面目な生徒はいたはずです。事件に関係ないにも関わらず実名を出されたり嫌がらせを受けている少年も居ます。

他の無実の少年たちを守るためにも犯人の名前は全て公表するべきでしょう。

18歳から選挙に参加できることを考えると、この少年らも大人と同じ扱いでいいでしょう。厳罰な対応をしていただきたいものです。

似たような事件の事例

1983年に起きた横浜浮浪者殺人事件を紹介します。

2月5日夜間に山下公園(横浜市中区)で60歳の浮浪者が集団で暴行を受け、収容先の病院で2日後に死亡した。横浜スタジアムでは浮浪者9人が次々に襲われ重軽傷を負った。

2月10日朝、松影公園(横浜市中区)で43歳の浮浪者が死亡しているのが発見された。

2月12日、神奈川県警察の合同捜査本部は少年グループを傷害致死の疑いで逮捕した。逮捕されたのは「恐舞連合」と称するストリートギャングで中学2年3人、中学3年生2人、高校1年生、16歳の無職4人の合計10人。

ウィキペディアより引用

この事件は1983年とだいぶ昔のものです。コンクリート殺人事件でも死刑にならなかった時代。もちろんこの少年たちも少年法で守られて死刑にはなりませんでした。

この少年たちの動機はこのようなものでした。

「おまえらのせいで横浜が汚くなるんだ」と叫びながら浮浪者に暴行を加えていたことや、取調べに対しても「横浜を綺麗にするためゴミ掃除しただけ」と自供、対立グループとの喧嘩の練習のため、また「浮浪者が逃げ惑う姿が面白かった」、「退屈しのぎに浮浪者狩りを始めた」とも自供している。

ウィキペディアより引用

今もあるかもしれませんが、当時もホームレスに対する差別はありました。きっとこの殺人を起こした少年たち以外にも、ホームレスをゴミだと思っている人たちが沢山います。だとすれば社会も悪いということになります。

今回の朝日大学のホームレス殺人事件も、少年たちは「ゴミ」だとののしりながら老人を襲いました。

少年たちも悪いですが、ホームレスの人たちを差別するように教え込んだ親や社会も悪いでしょう。子供の手を引きながら、ホームレスのひとたちを見ると「見てはいけません」と教える母親も多いと思いませんか?

ホームレスの人たちは、なりたくてホームレスになったわけではない人も居ます。生きていれば様々な試練があります。子供による介護放棄、倒産、病気による退職、生活保護も受けられないひとたちもいます。

この少年たちは、その想像力もなかったことになります。現状、コロナで職を無くしていくひとたちが沢山います。明日は我が身、ともいえるでしょう。ホームレスを馬鹿にしていい人なんていないのです。

今回の事件の判決はどうなるか

Fラン大学ということもあり知性がなかったともいえますし、少年法もあることですから、残念ながら死刑判決になることはないでしょう。時代は変わって、たとえホームレスであっても被害者の男性に対して、悲しみを覚える方も増えました。

中には「ホームレスはゴミだから消えてくれて、せいせいした」などど、今回の殺人犯たちのようなゴミのような思考回路をもったネット住民もいますが。

しかし少年法で守られても社会的には死んだも当然です。この先ずっとこの加害者少年たちは社会から差別や嫌がらせという制裁を受け続けることでしょう。これらからは逃げ切ることなどできないのです。

朝日大学不起訴ホームレス殺人事件犯人(追記)

渡辺哲(わたなべてつ)さんを暴行の上殺害した人物2名が不起訴処分となりました。罪状は傷害致死罪であって殺人罪ではありません。

犯人は上級国民だったのでしょうか?それとも親が共産党だったり警察官や、お偉い方なのでしょうか?「未来ある若者だから許される」「ホームレスは人間ではないから殺しても罪は軽い」とでも言いたいのでしょうか。

世間では怒りの声が上がっています。しかし成人済みであるなら名前や顔写真が特定されてしまうでしょう。

朝日大学は歯学部もあるから金のある親が多いのではないか?という声です。

続く。。

著名人からも怒りの声

また長州力さんもこの事件に関して激怒しており140文字以内では収まりきらないと発言しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました