運命の相手と出会える方法とホロスコープで見る相性

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「運命の相手」ってロマンチックで素敵ですよね。占いと現実的な面の両方から見て解説していきます。

スポンサーリンク

占いの相性から見て惹かれやすい相手とは?

西洋占星術(ホロスコープ)の相性で運命の相手が、わかると言い切る方もいらっしゃいますが、私は、そうは思っていません。

ですが惹かれやすい相性というものは確かにあるとは思います。

しかし惹かれやすいからといって恋愛関係になるかといえば、そうとも言えません。恋愛も結婚も結局本人たちの「タイミング」や「自由意志」なので、いくら相性が良くても、お互いが決めなければ進展しません。

そして結婚や恋愛は相性よりも結局、縁です。相性が悪くても喧嘩しながら連れ添ってる夫婦も沢山いますよね。なので相性がいい=結婚とは限りません。

占星術では結婚後の2人の様子を表しているコンポジットチャートが良くても、お互いの家族間の問題だったり年齢差があったり。相性が良くても様々な要因が重なってきます。それをわかった上で参考にしてみてください。

相性チャートの見方

2人のホロスコープを重ね合わせたうえでのシナストリーチャート、合成チャートであるコンポジットチャートでの簡単な説明になります。

恋愛の鉄板の火星と金星の組み合わせ

まず恋愛相性の鉄板といえば、金星と火星のアスペクトや金星同士のアスペクトがあります。金星と火星の組み合わせだと火星側の相手のほうがアプローチしやすくなると思います。

女性が火星を持っている場合、女性のほうが頑張って男性にアプローチしたほうが良いこともあります。

長い付き合いに必要な土星のアスペクト

長い付き合いや物事を形にするのは土星が大事だと言われています。結婚の相性においては土星がお互いの太陽や金星にアスペクトしている場合は結婚しやすいと言われています。

たとえば金星と土星の組み合わせは、堅実で真面目な愛。急速に2人の仲が深まっていくような感じではありませんが落ち着いた関係性になりやすいといえます。

しかし近年では、もっと自由で大らかなパートナーシップが増えてきてますよね。事実婚も増えています。

そして一夫多妻が当たり前である国もありますから常識(土星)は国によっても変わりますし時代によっても変わってしまいます。

コンポジットチャートを見る

また、結婚後の相性として合成図(コンポジットチャート)を参考にするのもいいと思います。

二人の合成したチャートが10ハウスや牡牛座、山羊座などの地星座が強調されていると仕事に力を入れる夫婦になるかもしれませんし、水星座が強調されている二人だと、いつも共感しあえる夫婦になるかもしれません。

コンポジットチャートは複数人で合成することができるため、お子さんが生まれたときには、お子さんを入れて三人で…4人で…と、いうように変化していきます。

相性が悪い夫婦でも、お子さんが生まれて仲が良くなるということもあります。

お互いの月星座のアスペクトを確認する

月星座は、お互いの「素」の顔ですから、これにお互いの木星や小惑星のセレスなどがトラインだったりコンジャンクションしていると気持ちが安らいだり楽しくなったりすると思います。

スポンサーリンク

相性占いの鑑定実例

次に夫婦やカップルの相性チャートの例を載せていきます。

結婚歴25年のA夫妻の場合

A夫妻は普通のカップルだったら別れてしまうような揉め事ばかり起きていたそうですが、激しい喧嘩をしながらも離婚することなく、なんだかんだいって結婚生活を続けてこられたそうです。

奥様いわく旦那様は「自分勝手でなんでも自分で決めてしまう」とのこと。今は年齢と共に二人とも性格が丸くなって仲良くなられたそうです。

しかし他の占いでは相性が最悪だと言われたそうで、なぜこんなにも2人の関係が長く続いているのか興味があってお越しくださいました。

まず、2人の簡単なシナストリーの相性では奥様の土星が旦那様の火星にスクエア(90度)になっています。これは旦那様の、やる気や行動力を止めてしまうことを表していました。

土星に押せえつけられた火星はフラストレーションが溜まってしまっていたと思います。

しかしこのアスペクトは猛犬に鎖を繋ぐようなイメージです。奥様がいらっしゃったから旦那様も自分の行動を自制できた場面も多かったのではないでしょうか。

実際、自分勝手な行動をしながらも奥様に感謝の言葉を伝えられていたそうです。

旦那様の火星は、奥様の精神を表す月に180度。これは奥様をイライラさせたり刺激させてしまう相性でもありますが、お互いに一目ぼれしやすく身体の相性が良くもあります。

同時に奥様の月に旦那様の木星がコンジャンクション。これは保護をするという意味があります。

つまり、旦那様は奥様のことを苛立たせる場面も沢山あったとしても奥様を大切(保護)してくれる配置でもあります。

同時に「縁」を表す奥様のドラゴンヘッド部分に旦那様の木星が乗っていて、お互いのドラゴンヘッドポイントが120度(トライン)という境列な引き合わせです。

もう一つ、奥様の冥王星は旦那様の水星にスクエアになっていました。これは、相手に洞察力や知識を与えますが毒舌にもしてしまいます。

このアスペクトの影響で旦那様の考え方が極端になったり言葉使いが少し乱暴になったようですが、それでも旦那様は奥様に一途だったはずです。

「旦那様は自分勝手に見えながらも尽くしてくれるタイプではありませんか?」と、お尋ねすると、その通りでした。これは、奥様の冥王星が旦那様の金星にセクスタイル(60度関係)という協力のアスペクトが出来ているからです。

金星と冥王星が形成されている男性は一途な傾向があります。これは、男性が生まれ持って、この天体の組み合わせを持っていなくても相性でこのアスペクトが出来ると、そうなる傾向が強いです。

加えて、旦那様の金星は蟹座。蟹座は家庭的で尽くす星座です。昔は一切やらなかったのに今では、掃除や洗濯などを手伝ってくれるようになったそうです。

60度は、お互い意識して協力しあうことで生まれる可能性ですから、旦那様が、そう変わったのは奥様の努力があってこそだと思います。

同時に、その旦那様の金星には奥様の海王星もトライン。海王星は奉仕と癒しの天体。優しい旦那様に変えたのは奥様の力あってこそです。

旦那様はイヤイヤではなく楽しんで家事の手伝いをされるようになったことがわかります。

このように、相性占いでは何の揉め事もなく100%仲の良い相性もあれば。良い部分もあり悪い部分もある努力次第の相性の夫婦も沢山いらっしゃいます。

相性バッチリで結婚したカップルと別れたカップル

お互いの月に木星がトライン。愛情の金星の状態も良くコンポジットチャートの相性も良くて結婚したカップルと別れてしまったカップルが居ます。

別れてしまったカップルは相性こそいいけれど退屈してしまったのだそう。もう片側のカップルは何か揉め事が起きても、きちんと話し合いをしていたそうです。

占星術での「相性がいい」とはコミュニケーションや行動、考え方などの衝突がなく落ち着いている相性のことを言います。 刺激はないが結婚向きとも言われています。

しかし安定した相性でも、片側が時期的に魅力的な異性と出会ってしまったりすると、そちらのほうに惹かれて別れてしまうこともあるのです…

これが相性占いの面白いところであり難しいところでもあります。よって、いくら相性がいいといっても努力をしないのではなく、時々は変わった行動を取り入れてみるなどの刺激をいれることは重要かもしれません。

沢山の相性を鑑定してきて気が付いたことですが、どんなカップルにも共通して言える「現実的」なアドバイスをお伝えします。

スポンサーリンク

運命の相手とは自分を幸せにしてくれる相手ではない

さて。占いの相性からみても惹かれやすい相性は、ある。だけど相性バッチリだったとしても結婚するとは限らない。と書きました。

結婚=幸せへのゴールとも限りません。とても良い相性の方と結婚し、それでも満足せずに不倫してしまった女性を知っています。

(不倫を否定してはいませんが、彼女には満たされない思いがあったのだと思います。)実は、こういうことは占い業界では頻繁に聞きます。なぜそうなるのでしょうか?

相性のいい相手と結婚しようとする女性は、相手に幸せにしてもらおうと考える人が多いからです。そしてベテランの占い師であったとしても、そのような考えの人は多いです。

だから私は、いつもこう言っていたのです。「相性は確かにあるけれど、それが全てではないよ」と。

自分を幸せにできるのは自分しかいない

自分を幸せにできるのは、自分しかいません。私はこれに気が付いたとき非常にガッカリしました 笑 

昔の私は恋愛依存気味で自分に自信が無かったため欠けている自分自身を埋めてくれる相手ばかりを探していました。

だから私のことを褒めてくれる男性なら簡単に好きになってしまっていました。かなりチョロいですよね。結局、他力本願な関係性は上手くいくはずもなくお別れをすることになりました。

そして自分を幸せにしてくれる相手ばかりを待っていました。

スポンサーリンク

占いで運命の人を決めるのではなく目の前の人を運命の相手にしていこう

たとえば7ハウスや8ハウス(パートナーシップのハウス)に木星がきたときや、社会性を表すMCに土星がコンジャンクションしているとき。

占いの視点から見ても異性と出会いやすくなったり、成婚しやすい時期というものはあると思います。

ですが、「運命の相手に出会えるのは、いつですか?」という質問をされる方は「私を幸せにしてくれる相手が現れるのは、いつですか?」と、聞いているのと同じです。

運命の相手と出会うと、何もかも上手く物事が進んだり今よりも幸せになったりするものだと思っているのです。

そして何度も言っていますが相性よりも縁が大事なんです。いくら、いがみ合っている夫婦であったとしても、お互いに学びがあるから出会って夫婦になっているのです。

これが「縁」です。こんなことを言ったら占いの神秘性やロマンチックさから外れてしまうとは思います。

しかし、やはりここで大事なことは、運命の相手を待つということよりも「目の前の人を運命の人にしていこう」という考えだと思うのです。

同じ波動が出ている人としか縁はできない

誰にでも運命の相手は沢山いると考えています。なぜなら出会う人全て貴方と関わりがある人全て貴方に縁がある人です 笑 

「この人が運命の人だ」と思うのは結果論でしかないからです。

嫌いな相手と関わることで自分を知ることができる

生きていると良い相性の人ばかりと出会えるとは、限りません。人によっては、それこそハードな相性ばかりの人と縁ができることもあります。

勘違いしてほしくないのですが、ハードな相性=不幸ではありません。ホロスコープでもスクエア関係(90度関係)は、お互いまったく合わないで理解しあえない(相性が悪い)と占星術業界では言われていますが一概にそうとは思いません。

心理的に見ても言えることですが、相手のことを見てイライラしてしまうときは、自分の中にある何かに反応しているときだからです。

たとえば、スケートの羽生選手にはファンも多いですがアンチも非常に多いです。彼は表現や個性の星である獅子座や水瓶座を多く持っています。生まれながらのパフォーマーです。

しかし、彼を見て「ナルシスト」だとバッシングする方もいますよね。これが悪いこととは言いません。人を感動させることも不快にさせることも「心」が動いているという意味で同じことですから。

しかし、ここでバッシングする人たちは気が付かないといけないんですよね。羽生選手のことを見て「ナルシスト」だと言っている人たちは、普段自分を押し殺して生きているのでしょう。

そして自分を表現しないことは、正しいと思っているのです。自己表現をすることは悪いという考えと、自己表現は素晴らしいという考えは全く逆に見えますが、バッシングしてしまう人たちも、心を掻き乱されている時点で実は誰よりも自己表現にこだわっているのです。

(認めることはないでしょうが 笑)

たとえば、これは占星術でいうと水瓶座と獅子座(自己表現)とスクエアになる蠍座と牡牛座の関係と言えます。

今から挙げる例は「星座の性質の特徴」であって全員に共通するものではありません。12星座すべてに長所と短所があります。

この水瓶座、獅子座、牡牛座、蠍座の4つの星座は性格こそ違いますが共通点は「頑固」ということです。

牡牛座は自分のペースを好み自己主張が控えめですが頑固です。こだわりのある職人肌でもあります。獅子座や水瓶座のようなパフォーマー要素のある個性的で華やかな星座とスクエア関係になります。

つまり表現者を見て不快になることがあれば、自分の中に、こだわっているものがあって他を認められない(牡牛座的要素が悪い面で出ている)から相手を許せなくなるのです。

牡牛座的要素と書きましたが、これは牡牛座の天体を持っていない方にも、ある要素です。牡牛座=他者を批判するという意味ではありません。

蠍座も深く洞察力のある星座で表現の水瓶座や獅子座とはスクエアです。蠍座は表現こそ大人しいですが他者に対して物凄く興味があります。相手を知りたいと感じるのは好きという気持ちと同じことです。

つまりここでは自己表現に興味があるということになります。※蠍座の性質の悪い面は強く出るか弱く出るかの差はありますが、どの星座の人も持っています。

これが羽生選手とアンチの関係図です。誰にでも嫌いなものはありますが、相手を批判したくなるくらい心を掻き乱されるときは貴方への何かしらのメッセージがあると思ってください。

スポンサーリンク

悪い相性でも幸せになれる

悪い相性といっても、見方を変えれば自分を成長させてくれる相手とも言えますし、お互いの個性を認め合うことができれば弱点を補いあえるカップルにもなれるでしょう。

たとえば大らかで大ざっぱすぎる射手座と、綺麗好きで少し口うるさい乙女座の性質が強い人とでは、お互いの個性を認め合えないうちは嫌悪しあうかもしれません。

しかし、これがお互いに個性を認めあえるようになると射手座は神経質になりがちな乙女座に広い視野を持たせて和ませることもできるでしょうし、乙女座も最低限のサポートするくらいでいいんだな、と少し気が楽になるかもしれません。

嫌いなものを無理に受け入れろとは言いませんが苦労によって磨かれる魅力や深まる絆というものもあります。

だから自分を幸せにしてくれる、たった一人の人を探す!という思考は大変勿体ない気もします。ちなみに私の両親は、それこそ若いときは喧嘩ばかりしていましたし相性的にも最悪ですが、今ではラブラブです。

そういう事例も沢山あります。そして、たとえ縁ができた人と別れることがあったとしても、それは単純に学びが終わっただけです。

いずれまた素敵な人と必ず、ご縁がありますよ。だから相性がいい悪いで選ぶのではなく、出会った人全てが運命の人なんだから目の前の人を運命の人にしていきましょう。

そういう意味では、ホロスコープで相手の個性を理解することは非常にいいと思いますよ。

占いの活用法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
momijiをフォローする
スポンサーリンク
Saturn☆News

コメント

タイトルとURLをコピーしました