罰金3倍!改正道路交通法改正。ながら運転、てんかん患者も懲役刑

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

アクセルやブレーキを踏み間違えて、ひき殺してしまう事件が高齢ドライバーによって増えてきています。また、スマートホンなどの携帯電話を使用しながら自動車や自転車を運転する「ながら運転」による事件も多発。よって政府は2019年の12月から 罰則や反則金、違反点数を厳罰化する改正道路交通法の改正をすると発表。

スポンサーリンク

ながら事故を起こせば即免許停止処分! 改正道路交通法改正 2019年 とは

車で走行中に携帯電話を使用したりカーナビゲーションの画面を見たり触っていた場合の「ながら運転」は事故を起こした場合、即免許停止処分となります!

2019年の12月1日から施行されますが以下のようなものに変わります。

スマートホンを使用しながら運転をする「ながら運転」の場合

改正前までは 3月以下の懲役または5万円以下の罰金 でした。

改正後は1年以下の懲役または30万円以下の罰金(※殺人罪が適用された場合更に罪は重くなります。違反点数6点(即免許停止)(酒気帯び点数16点─取消)となります。

また改正前は違反点数2点(酒気帯び点数14点) 反則金は大型1万2千円、普通9千円、二輪7千円、小特等6千円でした。

酒気帯び点数ですが、これは呼気中アルコール濃度0.15mg/リットル以上0.25mg/リットル未満の酒気を帯びていた場合の携帯電話使用等違反の点数のことを表しています。

スマートホンを使用せず保持していただけでも罰則強化!

また、使用せずに手に持っていただけでもこのような罰則が適用されます。

6月以下の懲役または10万円以下の罰金、違反点数3点(酒気帯び点数15点─取消)反則金は大型で2万5千円、普通で1万8千円二輪で1万5千円、小特等で1万2千円の罰金です。

また改正前は5万円以下の罰金、違反点数】1点(酒気帯び点数14点) 反則金は大型で7千円、普通で6千円、二輪で6千円、小特等 5千円でした。

スポンサーリンク

自転車で、ながら運転をした場合

自転車は原則として自転車道か車道を走らなければいけないが、そもそも自転車が走れるようになるための整備も追いついていないのが現状。また、ながら運転の場合も懲役刑や罰金対象となります。

実際2018年には イヤホンをしながら携帯電話を触って電動アシスト自転車に乗っていた女子大生が77歳の女性を死亡させたという事故が起きて禁固2年(執行猶予4年)の有罪判決が出ていました。

イヤホンを使用して自転車に乗っていても罰金対象!

イヤホンを使用して自転車を運転した場合、5万円以下の罰金が科せられます。 警視庁発行の「自転車の正しい乗り方」でイヤホーン等を使用した運転は5万円以下の罰金

出典 naru musica

また罰金は都道府県によっても異なります。

信号待ちの時にスマートホンを使用する場合

現在は大きな事故につながらない限りそこまで厳しくはありませんが、青信号になっても発信をしないケースが多く、また衝突事故の危険性もあることから今後信号待ちでの使用も厳罰化される可能性も高いそうです。

スポンサーリンク

てんかん認知症で事故を起こした場合

高齢ドライバーによる死亡事故が多発しています。免許書の返納などの対策もとられていますが、足が悪く体力の低下などの問題や少子化により出生率が低下しているため面倒をみてくれる子供や家族などが居ないケースもあり、この問題は非常に難しいことのようです。

高齢ドライバーの死亡事故は多発しているのに車がないと生活が不便で、どうしようもないということが現状のようです。まだ都市部ではバスや電車などの移動手段が沢山ありますが、特に田舎ではそうはいかないといったかんじのようです。

買い物なども全て車が必要だからです。

しかし高齢者が事件を起こした場合や、てんかんが原因で事故を引き起こした場合も懲役刑となるケースが多いです。

高齢者って何歳から?定義は?

高齢者定義は個々の法律によって異なる冒頭で述べたように公的年金の受給資格を「高齢者」の定義と考えれば「65歳」になるが、道路交通法の「高齢運転」の定義は「70歳以上」となっている 。 また、「高齢者の医療の確保に関する法律」では、「前期高齢者」が「65歳から74歳」、「後期高齢者」が「75歳以上」となっている 。”

出典 zuu online


高齢者ドライバー対策「 踏み間違い加速抑制システム 」

また、高齢者ドライバーへの対策も今後変わっていくなか、トヨタは 後付けできる「踏み間違い加速抑制システム」の対象車種を拡大すると発表しています。

高齢者ドライバーによる事故の原因の一番の要因は「アクセルとブレーキの踏み間違い」だからです。

スポンサーリンク

ながら運転による死亡事故数

警察庁によると昨年は2790件の「ながら運転」での事故が起き、死亡事故が42件、重傷が176件。だったそうです。

みんなの反応



スポンサーリンク

道路交通法違反の一覧

出典:ウィキペデイア

一般違反行為 (基礎点数)

(編注:数字が全て空欄の行は未記入スタブである)

交通違反の名称点数酒気帯び点数(0.25未満)酒気帯び点数(0.25以上)大型の反則金普通の反則金二輪の反則金原付の反則金備考
酒気帯び運転 0.25以上2525
酒気帯び運転 0.25未満1313
共同危険行為25
無免許運転252525
大型自動車等無資格運転121925
仮免許運転違反121925
過労運転[5]25
無車検運行61625
無保険運行61625
速度超過 50以上121925
速度超過 30(高速40)以上61625
速度超過 高速35以上3152540353020
速度超過 高速30以上3162530252015
速度超過 25以上3152525181512
速度超過 20以上2142520151210
速度超過 15以上11425151297
速度超過 15未満1142512976
放置駐車違反 駐停車禁止場所等325181010
放置駐車違反 駐車禁止場所等2211599
駐停車違反 駐停車禁止場所等21425151277
駐停車違反 駐車禁止場所等11425121066
信号無視 赤色等[6]
信号無視 点滅[7]
通行禁止違反
通行区分違反[8]
急ブレーキ禁止違反
追越し違反
踏切不停止等
優先道路通行車妨害等[9]
交差点安全進行義務違反
環状交差点通行車妨害等[10]
環状交差点安全進行義務違反
横断步行者等妨害等
徐行場所違反
指定場所一時不停止214257655
積載物重量制限超過 大型10割以上61625
積載物重量制限超過 大型5割以上3152540
積載物重量制限超過 大型5割未満2142530
積載物重量制限超過 普通等10割以上31525353025
積載物重量制限超過 普通等5割以上21425302520
積載物重量制限超過 普通等5割未満11425252015
整備不良 制動装置等
整備不良 尾灯等
携帯電話使用等(交通の危険)
携帯電話使用等(保持)
安全運転義務違反
幼児等通行妨害
騒音運転等
消音器不備
高速自動車国道等運転者遵守事項違反
免許条件違反
番号標表示義務違反
保管場所法違反 道路使用
保管場所法違反 長時間駐車
通行帯違反
路線バス等優先通行帯違反
軌道敷内違反
指定横断等禁止違反
車間距離不保持
進路変更禁止違反
追い付かれた車両の義務違反
割込み等
交差点右左折方法違反
指定通行区分違反
環状交差点左折等方法違反[11]
交差点優先車妨害[12]
緊急車妨害等
交差点等進入禁止違反
無灯火
減光等義務違反
合図不履行
乗車積載方法違反
定員外乗車
積載物大きさ制限超過
積載方法制限超過
転落等防止措置義務違反
転落積載物等危険防止措置義務違反
座席ベルト装着義務違反
幼児用補助装置使用義務違反
乗車用ヘルメット着用義務違反
大型自動二輪車等乗車方法違反
本線車道出入方法違反
初心運転者標識表示義務違反
けん引自動車本線車道通行帯違反
故障車表示義務違反
泥はね運転
公安委員会遵守事項違反
運行記録計不備
免許証不携帯

(表中凡例:各表共通)

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
momijiをフォローする
スポンサーリンク
Saturn☆News

コメント

タイトルとURLをコピーしました