正義マンの主張は馬鹿コンビニイートイン脱税問題

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

以前からコンビニや一部のスーパーマーケットで魅せで購入した商品を店内で飲食できるスペースがありましたが10月1日に消費税率が10%に引き上げられてから脱税問題が多発するという問題が起こっています。

スポンサーリンク

イートイン脱税とは何か

イートイン脱税とは?と気になっている方々も多いことでしょう。

店内飲食 (10%) と持ち帰り (税率8%) の両方選択が可能なコンビニや一部の飲食販売店で、持ち帰りとして購入したものを店内で飲食することで2%分の消費税を免れることが出来ます。これが「イートイン脱税”」です。

消費税率の引き上げが決まってからは食料品などの税率を据え置く「軽減税率」が導入されていました。なぜそのようなことが適用されていたかというと全ての商品を10%にしてしまうと消費が冷え込むためです。

その8%に選ばれていたものは生活必需品の中でも特に重要な食品類と新聞です。しかし新聞は必需品かどうか?という議論も起こっています。

スポンサーリンク

生活が苦しくても外食しなければいけない人達も多い

わざわざ外出して食べるということからなのか外食は生活必需品ではなく消費税は10%になっています。

税率が10%になってからは外食を控えている方達が多いのに外食せざるを得ない方達も。

消費税が上がって生活が苦しくても忙しいから仕方なく外食を選ぶしかない。というサラリーマンや会社員の方達も沢山いることでしょう。

スポンサーリンク

消費税問題について怒りや不満の声多数

外食産業や百貨店では売りあげが減少しているようです。個人経営の店なども大打撃を受けているところもおおいのではないのでしょうか?

スポンサーリンク

低所得の人が悪い!と苦しんでいる人達を煽るツイートも

消費税を廃止すると確かに様々な問題が起こってきますが、そのことについて考えられないくらい生活が苦しい方達が多いのかもしれません。

スポンサーリンク

イートイン脱税は悪だと怒り狂う正義マンたち


今回、なぜこのようなことが問題になっているかというとイートインスペースなどで持ち帰り商品を食べている人達や許している店を「犯罪だ!」と怒り狂って叩いている人達が数多くみられたからだそうです。

このように「正論」を主張して周囲を論破する人達のことをネット上では「正義マン」と呼ばれています。

スポンサーリンク

税理士がイートイン脱税は問題なし正義マンは迷惑と発言

【消費税増税】イートイン脱税は全く問題なし!正義マンは迷惑です!軽減税率を税理士が解説!

この問題に対する議論や正義マンなどの一方的な主張は「しょーもない」と動画内で語られています。一部だけを切り取って税金について全くわかっていないから、そのような発想になるとのことです。

国税庁の見解としては「国側としてはイートイン脱税は問題なし」としているようです。

トレイや食器など返却が必要なものを使用して食事を提供するものに関しては軽減税率が適用されません。しかし、コンビニでは食器やトレイを返却するようなサービス提供は一切ありません。そういうわけで全て消費税が8%になるとのことです。

また持ち帰りのつもりで商品を購入して気が変わってイートインスペースで飲食しても、8%で問題ないとのことです。なぜなら「税率は商品を購入される際に決まっているから」とのことです。

本来この問題は、国側が容認しているため議論にすらならないはずがどうしてこのように炎上しているのかというと、それが「正義マン」のせいだというのです。

スポンサーリンク

消費者が得をして事業者は損をする?

また動画内では、この問題で「損」をする人や「得」をする人が出てくるとのことです。イートインスペースを利用して「イートイン脱税」をした消費者は結果的に支出が減るので「得」をします。

しかし事業者が税金のことについてよく理解していないと問題が起こるとのことです。

そもそも消費善の8%は消費者が事業者に支払ったものですが事業者側はその消費税を国に納めないといけません。つまり事業者側は「消費者から、お金を預かっている」と認識していていなければいけないのです。

スポンサーリンク

イートイン脱税で損をするのは国

税務署が10%もらうべきものが8%しか納付されないので結果的にイートイン脱税で損をするのは国だけということだそうです。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
momijiをフォローする
スポンサーリンク
Saturn☆News

コメント

タイトルとURLをコピーしました