占い(ホロスコープ)で自分の魅力を知って幸せに生きるコツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「自分を知りたい!」そう思ったことはありませんか?貴方の魅力を知る方法を書いていきます。

スポンサーリンク

アセンダントを調べて生まれ持った魅力を知る

ホロスコープで魅力を見るには、一か所ではなく全体的に見ていく必要がありますが、まずはアセンダントを調べる方法を書いていきます。

アセンダントとは誰の影響も受けることなく貴方が生まれ持った、いわゆる真っさら状態の貴方の魅力といえます。

人は両親や環境の影響を受けて性格が変わったりしますがアセンダントではそれらの影響は全く関係がなく「持って生まれた性質」を知ることができます。

アセンダントを調べるには出生時間が必要です。(※母子手帳で調べられます)

このアセンダントを知ると「自分は大人しいと思っていたけれど、実は、結構男勝りなのかも…」と言ったように自分を知ることができます。

アセンダントでは外見の魅力はわからない

アセンダントは外見の魅力を表すと言われていますが、これは当てはまらないことも多いです。

アセンダントは外見というよりも「雰囲気」や気を抜いたときに、つい出てしまう自分の癖などを知ることができます。

例えばアセンダントが蟹座の場合だと柔らかく色白で丸みのあるパーツが特徴だと言われていますが、その特徴に当てはまる方もいれば全くそうでない方もいました。勿論、他の星座でも言えます。

一般的に筋肉質で男性っぽいと言われているアセンダント牡羊座は実際は童顔っぽい方が多かったです。そしてアセンダントに関わる天体(水星、金星、火星、木星、太陽、土星、海王星、冥王星)によってガラリと雰囲気も変わってしまいます。

次に星座別アセンダントの特徴を書いていきます。また、これらの特徴は月星座(家庭環境によって作られた性格)にも当てはまります。月星座もアセンダントと同じで調べる為に出生時間と生まれた場所のデータが必要です。

アセンダント(月星座)が牡羊座(♈)

一般的には筋肉質、目が鋭い(野生動物のよう)エネルギッシュと言われています。(日本では外見的に当てはまらないことも多いです)傾向としては考えるよりも先に動いてしまう野生的な直観を持っている傾向があります。

アセンダント(月星座)が牡牛座(♉)

一般的には皮膚や目などが綺麗で行動が、ゆったり。顔立ちは幼く声が美しいと言われています。優しい雰囲気ですが少し頑固でマイペースな性質があります。

アセンダント(月星座)が双子座(♊)

美しく均整がとれた顔立ちだと一般的には言われています。これも当てはまらない方も多いと言われています。笑 しかし若々しい方が多い印象です。色々なことに興味を持って挑戦したり飽きっぽい双子座の性質の影響かもしれません。

アセンダント(月星座)が蟹座(♋)

仲間が好き。色白でふくよかな雰囲気の方が多いと言われていますが、当てはまらないことも多いです。性格的には、仲間と助け合うのが当たり前だと思っていたりグループ行動が好きな方達が多い印象。

アセンダント(月星座) が獅子座(♌)

ゴージャスで堂々としたハッキリした顔立ち。これも当てはまらないことも多いと言われているようです。(この特徴に当てはまっている友人は居ますが) 鼻の形が綺麗な方が多い印象。誰かを楽しませるのが上手く、個性的でストイックな面も。

アセンダント(月星座)が乙女座(♍)

男女共通として清潔感のある方が多い印象。手先が器用だったり、他者の手助けや面倒を見るのが上手な方が多い印象。手助けといっても話を聞いて共感するというだけでなく、たとえば洋服のボタンがとれたら、縫って直してくれるような実務的な手助けといったかんじです。神経質な面も。

アセンダント(月星座)が天秤座(♎)

エレガントな立たずまい。小綺麗な印象を与えます。物事を客観的に見る目がありますが、他者に気を使う性格ゆえにストレスをためやすい傾向があります。美形やセンスの良い人が多いと言われています。

アセンダント(月星座)が蠍座(♏)

男女共に色気があり、目力があると言われています。洞察力があり他者に対して警戒心を抱きやすい傾向。とっつきにくい印象を持たれることもあります。誰かと仲良くなるには時間がかかりますが、一度受け入れた相手はどれだけ嫌なところを見せてきても真剣に向き合う素質を持っている人が多いです。

アセンダント(月星座)が射手座(♐)

身長が高い人が多いと言われています(当てはまらない方も多いです)向上心があって競うことも好きな傾向にあります。哲学的だけど楽観的。男女共にヤンチャな少年っぽさがあります。

アセンダント(月星座)が山羊座(♑)

骨格や歯並びが美しい人が多いと言われています。真面目な印象というより堅実で常識的な面を強く持っています。 金銭感覚がしっかりと身に付きやすいです。

アセンダント(月星座)が水瓶座(♒)

男女共に中性的な雰囲気の方が多いと言われています。合理的な性格で人と関わるときに精神的な距離感があることを望む傾向にあります。他人と違うことを望み、個性的なファッションが似合う人も。

アセンダント(月星座)が魚座(♓)

優しくて癒し系の雰囲気。目に丸みがあると言われています。性格的には優しいですが優柔不断で流されやすい面も。尽くすことが好きな傾向にあります。他人に合わせるタイプです。

アセンダントに関わっている天体を調べる

次に「アセンダントに関わっている天体」も自分を知るために重要です。

たとえば、アセンダントが牡羊座だとします。

牡羊座は無邪気で素直な火の星座で、考えるよりも先に身体が動いてしまうことがあります。しかし知人女性は、この牡羊座のアセンダントに「制限」の「土星」が関わっていました。

この女性は、とても真面目で落ちついた雰囲気をしています。土星の影響で、自分勝手な行動をしてはいけないと抑制するような性格になっているのです。このように、アセンダントの星座だけでなく、アセンダントに関わる天体も一緒に見ることが大切です。

たとえば海王星が入っているハウスは「その方の弱点」と言われやすいですが、これが第一印象や、その人自身を表すアセンダントや1ハウスなどに入っていると「魅力」になってしまうのです。天然っぽい癒し系の雰囲気になります。

冥王星が関わるとカリスマ的な雰囲気や色気が出ます。天王星が関わると行動の一つ一つがユニークに見えることも。

美意識の「金星」や仕事能力の「水星」を調べる

ホロスコープで表示されている金星(♀)は思春期ごろに身につく美意識や社交性、愛情表現や金銭感覚を表しています。たとえば金星が牡羊座や金星と火星のアスペクトがある場合、エネルギッシュで少し肉食女子のような傾向があります。

金星が牡牛座の場合は貯蓄が好きだったり、ナチュラル素材のコスメや洋服が好きかもしれません。双子座の場合は流行に敏感だったりします。

金星と水星のアスペクトがある場合、人によっては言動や外見が幼くなる傾向にあります。金星と海王星が関わると芸術センスが高いアーテイストタイプになる傾向があります。このように金星の星座と関わる天体によって美意識や雰囲気、好きなものを知ることができます。

次に水星(☿)ですが、これは考え方やコミュニケーション能力を表しています。水星に木星が関わっている場合は、お喋り好きで次から次に話題が飛び出してしまうタイプだったり水星に天王星が関わっていると毒舌だったりユニークは発想をする傾向にあります。

スポンサーリンク

「外見の魅力」を知りたい時は占星術よりも「パーソナルカラー」がオススメ

「アセンダントは魚座だからブルーのメイク」「アセンダントが獅子座だからゴールドを使ってゴージャスに」というような鑑定が一般的にされているようですが、これはあまりオススメしません。

人によって髪の色や目の色、肌の色が違います。また国籍によって顔立ちも違います。外見のみの魅力を知りたい場合は「パーソナルカラー診断」を受けましょう。貴方に似合う色を知ることができます。

自分に似合う素材の服を知りたければパーソナルカラー診断と一緒に「骨格診断」も一緒にしてくれる先生を選ぶとよいでしょう。勿論、似合うものだけしか選べないということではないです。

たとえば大人っぽいメイクや洋服が似合うと診断で分かったとします。しかし貴方はピンクや可愛らしい洋服が着たいとしますよね。その時は診断を受けるときに「こうなりたいです」と相談してみて下さい。

「こうなりたい」という希望を言えない方も居るのです。 恥ずかしがらずに相談してください。貴方に似合う大人っぽくて、可愛らしくなる洋服やメイクをチョイスしてくれるはずです。

占いとパーソナルカラーで自分の魅力を知った後は「心理面」のほうにもアプローチしてみましょう。おススメの映画も紹介しますね。

スポンサーリンク

占星術(占い)で自分を知ったあとに必要な「自信」

19歳のとき私はパーソナルカラー診断を受けて自分を知りました。自分に似合う色やメイクを知れて、とても嬉しかったのですが相変わらず自分に自信はありませんでした。

30代になって占星術で自分を知っても自信を無くすことがありました。周囲を見回してみても、同じように自分を好きになれず悩んでいる方達も居ました。

私は、「どうして自分の魅力を知ったのに自分を好きになれないんだろう?自分に自信を持てないんだろう?」と悩みました。

そして自分の魅力を知ることと同じくらい「心の状態」と自分を受け入れる「自己受容」が大切だと知ったのです。

自分を好きになるには

自分に甘くすることと自分を愛することは違います。ですが「ダメな自分」にもOKを出せた方って本当に素敵です。これは怠惰とは違います。

自分の魅力を知っても他人から褒められても、自分を愛せない人は「自分の欠点を許せない」傾向にあるんです。

こうなってしまうと、いくらメイクをしても占星術で自分を知ろうとしても欠点ばかりに目が向き落ち込んでしまうのです。自分を好きになりたいから占星術やメイクと出会ったのにも、かかわらずです。

だから本当に自分を好きになるには、心理的なアプローチも必須です。

幼少期に他人から言われた心ない言葉に未だに傷ついてしまっている方達も沢山います。そのような方達は心や考え方にもアプローチしなければいけません。

たとえば勤務中に自分のダメなところばかり指摘されるのと、自分の良いところも褒めてもらってからダメなところを指摘されるのとでは受け取り方が違いますよね。

自分の良いところを褒めてもらえると、やる気が出る人のほうが大半だと思います。しかし、この「褒める」を自分で出来るようになると、他人から何を言われても傷つきません。

それは、いい意味での図太さだと思いますし、無理だと思う方のほうが大半です。ですが難しくはあっても不可能ではありません!(私も物凄くネガティブでしたから。)

モデルのように綺麗な人でも全く自信がなく不幸ばかり選んでしまう方もいるのです。自分の機嫌は自分でとりましょう。

さて。自分を好きになりたい貴方に、おすすめの映画を紹介します。

自分を好きになりたい貴方にオススメの映画

自分を好きになりたい貴方にオススメの映画「アイフィールプリティ」を紹介します!

主役のレネーは自分に自信が無いごく普通の一般女性。憧れの仕事があっても自分の容姿に自信がなく積極的にチャレンジできません。

「私も美しくなれたら、どれだけ素敵な毎日を過ごせるだろうか…」

と、レネーは空想します。そんなある日、レネーは通っているジムで頭を強打し気を失います。意識を取り戻したレネーは、姿は何一つ変わっていないのに自分が絶世の美女になったと勘違いするようになります。

「私って最高!」そう思い込んでしまったレネーは、積極的になり恋も仕事も全てうまくいくようになってしまうのです。

思い込みの力や自分を信じること、ありのままを愛することについて描かれた、とてもハッピーな作品で評価も高いです。まだ未見の方は是非!

http://ifeelpretty.jp/ ※公式サイトに飛びます。

占いの活用法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
momijiをフォローする
スポンサーリンク
Saturn☆News

コメント

タイトルとURLをコピーしました